2011年12月05日

和歌山・白浜町がドロドロすぎワロタw 町長と副町長が、住民と町職員に恫喝されたとして提訴

1 名前:名無しさん@涙目です。(大阪都)[] 投稿日:2011/12/05(月) 13:37:13.41 ID:D7HojeI70 BE:220834324-PLT(12000) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/5ta.gif  
   和歌山県白浜町のごみ中間処理施設を巡る住民らとの交渉で、水本雄三町長と副町長が、  
  住民らからどう喝されるなどして精神的苦痛を受けたとして、住民2人と交渉に同席した町職員3人、  
  町議会議長の計6人を相手取り、計1000万円の損害賠償を求める訴えを和歌山地裁田辺支部に  
  起こした。  
   
   同町では11月、交渉の担当課長らを事実上、更迭する人事に対し、16人いる課長全員が  
  「降格願」を提出して水本町長と対立、町政の混乱が続いている。  
   
   訴状などによると、同施設の稼働延長を巡り、町と地元の同町保呂地区との間で、補助金支出など  
  について話し合いを続けている。10月の交渉の際、住民側は事実と異なる事柄を挙げ、原告側に  
  「副町長は辞めよ」とどう喝し、職員も町長らに逆らう発言を行ったなどと主張している。  
   
   さらに、町が10月26日に内示した担当課長らの異動に対し、課長全員でつくる課長会が降格願や  
  抗議文を提出したことは、原告に対する脅迫や名誉毀損に当たるとしている。  
   
   人事を巡る混乱では、課長会は当初、異動をボイコットして異動対象となった町職員全員が辞令  
  交付式を欠席。しかし、11月4日には異動を受け入れた。  
   
   水本町長は「弁護士に任せており、コメントは差し控える」とし、訴えられた職員の1人は「提訴は  
  極めて残念。現段階では何も言えない」と話した。  
  (2011年12月5日13時12分 読売新聞)  
   
  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111205-OYT1T00662.htm?from=top  
 
  

続きを読む

    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • このエントリーをはてなブックマークに追加