2011年12月07日

「目立っちゃう」 黄色いオコゼ展示 和歌山・串本海中公園センター

1 名前:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)[sage] 投稿日:2011/12/06(火) 21:24:14.79 ID:NUG5Ldrv0● BE:395136847-PLT(13001) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/aramaki2.gif  
  和歌山県串本町有田の串本海中公園センターは、同センター水族館で、珍しい黄色の  
  オニオコゼ(オニオコゼ科)とダルマオコゼ(同)を展示している。黄色の個体は同水族館では  
  初めての飼育という。  
   
  オニオコゼは11月中旬、同町有田の沖でエビの刺し網に掛かっていたのを地元の漁師が  
  同センターに持ち込んだ。体長は約25センチ。  
   
  オニオコゼは普段、灰色など海底に溶け込む色になっている。水深200メートルまでの海に  
  生息し、砂や石に体色を合わせて姿を隠す。背中と胸びれに強い毒がある。  
   
  黄色いダルマオコゼも同じ水槽に展示している。体長約15センチ。11月中旬に同町田原沖で  
  見つかった。オニオコゼに比べて頭部が大きいのが特徴。  
   
  同センター水族館の宇井晋介館長は「特殊な所にすんでいたのだろうか。これでは目立って  
  しょうがないと思う」と話している。  
   
  http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=222466  
  2224661

 
  

続きを読む