2012年11月07日

(´;ω;`)雹でみかんが傷だらけ 出荷できずぽいだお 和歌山

1 名前: マーブルキャット(兵庫県)[] 投稿日:2012/11/07(水) 22:16:40.83 ID:blCphj3P0 BE:1922899493-PLT(12001) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/hare.gif  
  6日未明広川町に降ったひょうのために収穫前のみかん340トンあまりに穴が開くなどの被害が出ていることが和歌山県の調査でわかりました。  
  被害額は確認されただけで4600万円余りに上っています。  
  県によりますと、ひょうでここまで大きなみかんへの被害がでるのはきわめてまれだということです。和歌山県によりますと、被害にあったのは、広川町前田地区で栽培されている温州みかんで、6日夜明け前に降ったひょうで、果実の表面に穴が開いたり傷がつくなどの被害が  
  出ているということです。被害にあったみかん畑の面積は、約30ヘクタールで、みかんの量にして343トン確認されただけで、被害金額は4630万円にのぼっています。  
  和歌山県の温州みかんは、9月下旬から収穫が始まり、今月から来月が収穫のピークでしたが被害にあったみかんは収穫の直前だったということです。  
  和歌山県果樹園芸課は「ひょうによるみかんへの被害がここまで広がるのは非常にまれだ」と話しています。  
  ひょうで被害を受けた広川町の前田地区のみかんの栽培農家、戸石耕造さんは「長年、この場所でみかんを栽培しているがこんな事は初めてです。傷ついたみかんは出荷できないのであした刈り取ります」と肩を落としながら話していました。  
  戸石さんの家では、ガレージのトタン屋根がひょうによって直径2センチから5センチほどの穴があく被害も出ました。  
  http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2043315491.html?t=1352294121765  
 
  

続きを読む

2011年12月28日

和歌山県民は「全国一風邪をひかない」 みかん効果か?

1 名前:名無しさん@涙目です。(鹽竈神社)[sage] 投稿日:2011/12/28(水) 22:28:12.15 ID:i+ft47970 BE:288297582-PLT(12001) ポイント特典 
  sssp://img.2ch.net/ico/nono_hakoiri.gif  
  和歌山県民は「全国一風邪ひかない」  
   
   
   和歌山人は風邪をひかない?。 県民がこの一年間で風邪をひいた回数が平均1・94回で全国で一番少なかったことが27日、  
  気象情報会社ウェザーニューズ(本社=東京都)の 「冬の風邪事情調査」 で明らかになった。  
   
   今月12日から18日まで、同社の携帯サイトなどでアンケートを実施。 2万175人の有効回答をまとめた。  
  最も風邪をひいたのは富山県(2・76回)で、全国平均は2・3回だった。  
   
   この他、 和歌山は 「風邪から回復するまでにかかる日数」 が4・26日と全国2位の早さを誇っている。  
  ただ、 「風邪をひいても休んだことのない人の割合」 は5%で45位にランク。 風邪はひかないが、 ひけば休む人が多いことが分かった。  
   
   また、日本人が会社や学校を休むボーダーラインは、 熱が37・9度出た場合であることも今回の調査で明らかになった。  
   
   
  http://www.wakayamashimpo.co.jp/2011/12/20111228_6035.html  
 
  

続きを読む