2012年01月29日

【和歌山】 とさかカモメが3年ぶりに姿を見せる

1 名前:BaaaaaaaaQφ ★[] 投稿日:2012/01/29(日) 00:22:09.18 ID:???0 
  和歌山県みなべ町堺の紀州日高漁協南部町支所周辺に、頭頂部の羽毛がとさかのようになった  
  セグロカモメ(カモメ科)が3年ぶりに姿を見せた。日本野鳥の会会員らも久しぶりの飛来に「年齢が  
  分かるカモメとして貴重な存在。初確認から考えると年齢は20歳以上になる」と話している。  
   
   とさかカモメは1993年12月に初確認された。セグロカモメは生まれてから4年目で成鳥羽に変わり、  
  発見当時すでに成鳥だったため、20年以上生きていることが分かる。  
   
   毎年11月下旬から12月上旬に紀南地方に飛来、翌年3月ごろまでに繁殖地であるシベリア方面へ  
  旅立つという。普段、羽を休めているのは支所の屋根や田辺市芳養町の岩場。夜は安全な沖合で寝ている。  
   
   会員らは「2年確認できなかったため、死んでしまったと思っていたが、元気な姿を見られてよかった。  
  1年でも長生きしてほしい」と見守っている。  
   
  2253181
 
   
  http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=225318  
 
  

続きを読む