2018年09月11日

【悲報】和歌山の近大マグロ、台風21号で全滅

1: 名無しさん 2018/09/11(火) 06:00:07.04 ID:y1HJuGne0

250匹が死亡し350匹が逃げたらしい


引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536613207/

続きを読む

2018年09月04日

和歌山が全滅したらしい

1: 名無しさん 2018/09/04(火) 15:31:10.51 ID:xQxzwmZed

マジなのですか?


引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536042670/

続きを読む

2014年10月30日

【画像】南海トラフ巨大地震なら和歌山9万人死亡 被害想定マップ内(´・ω・)カワイソス

1: ウエスタンラリアット(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2014/10/28(火) 17:09:33.29 ID:RvgiuDBC0.net BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/nacchi_face.gif
和歌山県で「死者9万人」 南海トラフ、津波想定広げる
朝日新聞デジタル 10月28日(火)13時23分配信

南海トラフ巨大地震が発生した場合、津波などにより和歌山県内で最大約9万人が死亡する
という被害想定を県が28日に発表した。海に囲まれた和歌山では、津波が最速3分で到達する
地域もあり、被害の拡大を防ぐには住民の避難が重要になる。県は「犠牲者ゼロ」を目標に、
住民向けの避難プログラムも示した。

 河田恵昭(かわたよしあき)・関西大教授が会長を務める県の検討委員会が作成した。
地震規模は、東日本大震災並みのマグニチュード(M)9・1と想定。県内30市町村の
半数が最大震度7の揺れに襲われ、津波はすさみ町で最大19メートルに達し、
1万2620ヘクタールが浸水するとした。

 被害想定では、冬の午後6時の発生で死者は最大9万400人。県内の人口約97万人の
1割近くになる。95%が津波による被害で、太地町と那智勝浦町では町民の7割以上が
津波で亡くなる。人口約37万人の和歌山市の死者は1万8100人にのぼる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141028-00000022-asahi-soci
no title


引用元: 【画像】南海トラフ巨大地震なら和歌山9万人死亡 被害想定マップ内(´・ω・)カワイソス

続きを読む

2013年09月15日

和歌山の串本町って何かあるの? 台風で土砂崩れはあるし、今度は突風で十数軒の瓦飛ぶ

1: 中年'sリフト(チベット自治区) 2013/09/15(日) 20:02:20.03 ID:oInf6/LY0 BE:283648234-PLT(12017) ポイント特典

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130915/waf13091518380020-n1.htm

うわっ、瓦が! 突風で十数軒の瓦飛ぶ 和歌山・串本、2人けが
2013.9.15 18:34
no title

台風の接近で被害を受けた車両や家屋 =15日午後、和歌山県串本町田並(竹川禎一郎撮影)

 15日午後2時半ごろ、和歌山県串本町田並で突風が吹き、屋根の瓦が飛ばされるなど被害が相次いだ。串本署によると、
民家十数軒の瓦が飛ばされたり、電柱が倒壊したりしたほか、車数台のガラスが割れた。

 同署によると、女性2人が軽いけがをした。そのうち32歳の女性が風で飛んできた物に当たり、左足の太ももにかすり
傷を負った。もう一人のけがの程度は不明だが、いずれも救急搬送はされていない。

no title


引用元: 和歌山の串本町って何かあるの? 台風で土砂崩れはあるし、今度は突風で十数軒の瓦飛ぶ

続きを読む

2013年04月23日

和歌山 地震に備えて普段からラジオの電波が入りにくいなら県庁に相談しろ 補助してやるぞ 和歌山

1: ソマリ(兵庫県) 2013/04/22(月) 19:11:30.30 ID:sJtjIZSH0 BE:1281933263-PLT(12001) ポイント特典

南海トラフの巨大地震などの大規模な災害に備えて、県は、ラジオの電波が入りにくい地域の対策として県庁に相談窓口を設けるとともに、必要に応じて受信用アンテナの購入を補助する制度を始める
ことになりました。
これは、仁坂知事がきょうの記者会見で明らかにしたものです。
それによりますと、県は、南海トラフの巨大地震などに備えて来月からラジオの電波が入りにくい地域の相談窓口を県庁に設けることになりました。
窓口では、受信状況の改善に向けて、職員がアドバイスをするとともに、必要に応じて放送事業者と現地に出向き、調査を行うことにしています。
そのうえで、電波が入りにくく、津波や土砂災害などのおそれがある地域については、個人に対して受信用アンテナの購入費用を最大で4万円まで補助するとしています。
仁坂知事は「ラジオは、災害時の情報伝達の手段として非常に有効なので、聞こえない地域の人は是非、相談してほしい」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2043284401.html?t=1366625357490


引用元: 和歌山 地震に備えて普段からラジオの電波が入りにくいなら県庁に相談しろ 補助してやるぞ 和歌山

続きを読む