2014年08月09日

【和歌山】行方が分からなくなった女性を臭いを頼りにすばやく発見し命を救った警察犬に感謝状

1: パイルドライバー(禿)@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 13:51:36.20 ID:qwCVwlbti.net BE:324419808-2BP(2000)

sssp://img.2ch.sc/ico/syobo1.gif
人命救助 警察犬に感謝状
08月08日 12時41分

散歩に出かけたまま行方が分からなくなった女性を臭いを頼りにすばやく発見し命を救ったとして、和歌山県岩出市の嘱託警察犬に感謝状が贈られました。
感謝状が贈られたのはシェパードで、メスの警察犬の「レニ号」と、指導に当たっている津村知宏さん(28)です。
8日は、岩出警察署で楠俊樹署長が「的確な捜索で人命救助に多大な貢献をしてくれた」として感謝状を贈りました。
「レニ号」は先月28日、散歩に出かけたまま行方が分からなくなった岩出市の66歳の女性の捜索に当たり、臭いを手がかりに30分ほどの短い時間で近くの住宅の庭に倒れているのを発見しました。
女性は病気のために自分では動けない状態でしたが、病院に運ばれて命を取りとめたということです。
感謝状をもらった「レニ号」はたくさんの人に囲まれて誇らしげな様子で、感謝の気持ちが込められたドッグフード8キロも贈られました。
指導に当たっている津村さんは「レニがすごく頑張ってくれたので素直にうれしい。これからもしっかり訓練してレニと一緒に役立てるよう精進していきたい」と話していました。
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20140808/3618111.html
※NHKラジオ午後のまりやーじゅ、列島リレーニュースで聴いたのでスレ立て。


引用元: 【和歌山】行方が分からなくなった女性を臭いを頼りにすばやく発見し命を救った警察犬に感謝状

続きを読む

2014年06月04日

【和歌山】保育園児がくじらの歯磨き見学 [14/06/02]

1: ◆sRJYpneS5Y 2014/06/02(月)23:40:56 ID:8vBTbUTbg

くじらの町として知られる和歌山県太地町の博物館で、2日、
飼育されているくじらたちの歯磨きが行われました。

古式捕鯨発祥の地として知られる和歌山県太地町の「くじらの
博物館」では、3種類10頭のくじらが飼育されています。
「歯と口の健康週間」が4日から始まるのに合わせて2日、
コビレゴンドウ、ハナゴンドウ、オキゴンドウの3種類のくじ
らの歯磨きが行われました。
地元の保育園の子どもたちおよそ30人も訪れ、飼育員が、く
じらの歯の数や形は、種類によって異なることなどを説明した
あと、歯磨きが始まりました。子どもたちが見守るなか、くじ
らたちは口を開けて、大きなブラシで丁寧に歯を磨いてもらっ
たあと、海水を口に含んでうがいもしていました。

続きはこちら
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140602/k10014920451000.html


引用元: 【和歌山】保育園児がくじらの歯磨き見学 [14/06/02]

続きを読む

2014年01月22日

和歌山県知事怒髪天!「われわれは牛や豚の命を奪って生きている。イルカだけ残虐だとするのは違う」

1: ウエスタンラリアット(三重県) 2014/01/21(火) 12:53:05.20 ID:pPjb9NWo0 BE:1205514645-PLT(12005) ポイント特典

 和歌山県の仁坂吉伸知事は21日の記者会見で、キャロライン・ケネディ駐日米大使がツイッターで
「イルカの追い込み漁の非人道性」を訴えたことに対し、「われわれは牛や豚の命を奪って生きている。
イルカだけ残虐だとするのは違うのではないか」と反論した。

 仁坂知事は、イルカ類は国際的な規制の対象外だと指摘。
「食文化は違う。世界的に資源がなくなるのでなければ、相手の立場を認め合うのが文明の知恵だ」と述べた。

 和歌山県太地町ではイルカなどの小型鯨類を湾に追い込んで捕獲している。

no title

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/01/21/kiji/K20140121007429620.html


引用元: 和歌山県知事怒髪天!「われわれは牛や豚の命を奪って生きている。イルカだけ残虐だとするのは違う」

続きを読む

2013年01月21日

ネコが人間の食べ物を食べてしまう理由

1: サバトラ(新疆ウイグル自治区) 2013/01/20(日) 20:37:41.21 ID:M/kFNALO0 BE:44791946-PLT(12100) ポイント特典

和歌山電鉄貴志川線「貴志駅」の有名な駅長「たま」。今月で駅長就任から6年を迎え、なんと「社長代理」にまで昇格しました。人間だと70歳近くにもなる高齢ですが、未だに現役バリバリ。人気も衰えることがありません。

なぜこれほどに、猫は人間の心をつかむのでしょうか。身近な存在のわりには、不可解で謎めいている。そんな魅力をもつ猫を街中で見かけたら、声をかけずにはいられないといった人もいるでしょう。

自身も猫好きの一人だという動物・野澤クリニックの院長、野澤延行氏。書籍『猫に言いたいたくさんのこと』のなかで、ちょっと変わった猫の好物について、相談に答えています。

例えば、コンソメ味が好きなロシアンブルー。「チキンラーメンやじゃがいもスナックのコンソメ味が好きなのは、外国猫だから?」といった相談に
「ネコに国境はありません。それにしても、スナック菓子は考えものですね。良質の食事だけ食べさせてあげたいです」とアドバイス。大好物だとしても、スナック菓子は与えないよう注意した方が良さそうです。

次に、刺身への執着が激しいサバトラのメス猫の相談。普段の食事時は横でくつろいでいるだけなのに、刺身の時は違うというのです。刺身を口に運ぶタイミングを見計らって、シャッと手を出してくる猫。
「あまりの本気にちょっとビビってしまいます。とくにマグロが好物。ネコに与えても大丈夫でしょうか?」の相談には、「"マグロはダメ"は、人間のおごりです。こうした良質のタンパク質と生のアミノ酸こそネコに必須な食べ物なのです」。
スナック菓子とうって変わってマグロはOK。体に良いものを沢山食べてもらいましょう。

また、カレーを食べてしまう猫についての相談も。香辛料やタマネギが入っているカレーは、猫には刺激が強そう。相談者がカレーを食べている時に、猫が器を舐めにきて困っているというのです。また、カレーだけでなくムヒを舐めてしまうことも。
野澤氏は、「多少の刺激臭があっても、油脂が含まれていれば、それをなめたくなってしまうのがネコの嗜好」と言います。人間には理解しにくい、ネコの嗜好があるんですね。

http://www.webdoku.jp/tsushin/2013/01/20/180000.html


続きを読む

2013年01月19日

和歌山 2年前に捕まえた熊をまた捕まえる で 唐辛子エキススプレーを顔に吹きつけて山奥に返す

1: ヒマラヤン(兵庫県) 2013/01/19(土) 22:50:19.41 ID:Z7oSpUSU0 BE:569748342-PLT(12001) ポイント特典

18日午前、有田川町で体長およそ1.2メートルのオスのツキノワグマがわなにかかっているのが見つかりましたが、こ
のクマは以前にも捕獲されていたことがわかり、今度こそ山から降りてこないようスプレーで脅して人を恐れるように学習
させたうえで山奥にかえされました。
18日午前9時すぎ、有田川町遠井地区の山中で、体長約1.2メートルのオスのツキノワグマがイノシシ用のわなにかか
っているのが見つかりました。
調べたところ、クマは体長が1メートル27センチ、体重42キロのオスのツキノワグマで15歳くらいの成獣と見られる
ということです。
現場は有田川町の中央部に位置する山あいの地区で、土地の所有者がイノシシやシカなど農作物を荒らす動物をとらえるた
めわなを仕掛けていたところ、クマがわなにかかっていたということです。
県によりますとこのクマは耳に埋め込めれていたマイクロチップから2年前にも捕獲されていたクマとわかりました。
2年前には爆発音で脅して山から降りてこないよう学習させましたが、効果がなかったため今回は新たにクマが苦手とする
唐辛子エキスが入ったスプレーをクマの顔に吹きつけたうえで、山奥へかえしたということです。
http://www.nhk.or.jp/lnews/wakayama/2044916611.html?t=1358603327788


続きを読む